大自然のルール
過去の観いの刻みが
今の生活に

観いに喜び(プラス)が撮影されれば、現実に健康、家族円満、繁栄など、喜びに満ちた生活を送っていくことになります。
逆に観いに不平不満(マイナス)が撮影された場合は、現実として家庭不和、病気などさまざまな問題を抱えた下降気味の生活になってしまうのです。
今の観いが喜び(プラス)なのか、不平不満(マイナス)なのかが、とても大切なことなのです。

5/6⇒[次へ


TOPへ戻る

Copyright(c)第3救済 慈喜徳会 All Rights Reserved.