琵琶湖一周
大輪天華あさなる
大観祭
琵琶湖から全世界へ。
感謝とよろこびを発信!

わが国最大の面積を誇り、世界の湖のなかでも3番目に古いとされる古代湖「琵琶湖」。この琵琶湖に、私たちが本来もつ“よろこび”を集結させ、琵琶湖を真に蘇らせ、全世界に向けてそのエネルギーを発信していくという壮大なグローバリズムを天華の救済では大切に育んでいます。

琵琶湖は地上に人類が誕生する時の母体エネルギーの源泉だった──この天声にもとづき、毎年10(テン)月3(サン)日は「天華三法行(てんかさんぽうぎょう)の日」と定められ、この日は有志が琵琶湖に集結、般若天行の大合唱などを行い、よろこびの波動を琵琶湖に向けます。
「琵琶湖一周大輪天華あさなる大観祭」は、湖畔での天華三法行の実践に幕を開け、「地球ありがとうライブ」そして「天地大観法安法納」が厳粛な空気の中で執り行われ、参加者の誰もが雄大な琵琶湖の息吹を感じつつ、感謝とよろこびを向け、自然・人類・地球の復活実現へ向け新たな1歩を踏み出す日となります。


琵琶湖一周大輪天華あさなる大観祭
【開催日】平成27年10月3日(土)
【会場】未定

※開催概要・参加手続きなど詳しくはお問い合わせください。

TOPへ戻る

Copyright(c)天華の救済 All Rights Reserved.